CATEGORY  LINK  PROFILE 
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< humidity | main | shrug >>
2013.09.19 Thursday

impermanence

 
初めての松井のいないシーズンも佳境を迎え
松井がいないということを冷静に判断できるようになったかもしれない

僕は野球を愛しているし、それはこれからも変わらないと思う

しかし松井秀喜以上に情熱を注げる対象が、今後生まれ得ないであろうことを感じる

このさき20年か50年か何年生きるか知らないが、それなりに新しいスターが生まれ、応援できる選手も生まれていくだろう。成績的には松井を上回る選手も現れるかもしれない。

でもきっと、僕が松井に注いだ情熱を上回ることは無い。
それだけ幼少期、青年期の感性というのは特別なものがあるし、その時期を共有したというのは人生で無二の体験だ

あの脅威的な身体能力と磨かれた技術によって、瞬間的にバットを160km/hまで加速させる運動の
閃光のような美しさ
自己の感情を抑制し、和を尊しとしながらも穏やかに信を貫く姿勢
(それらを上回る選手が生まれてくれればあるいは)


今後の人生の中であの情熱を上回ることが無いであろうことを
うっすらとでも感じながら生きていくことは少し寂しい



コメント
巨人優勝おめでとうございます。
  • 馬場
  • 2013.09.26 Thursday 00:09
>馬場さん
もう最近はどこが優勝しても構わないんですよ。
  • KEN-TARO
  • 2013.09.26 Thursday 11:09
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album